《メールでのお問合せはこちら》  お電話のお問合せは090-4636-4978(STガーデン佐藤)迄

天然の芝生に憧れています、メンテナンスを教えて下さい。

まめ知識

天然芝(高麗芝)作業基本編1(春から秋)

水撒きは?

最近は5月頃から30度を超える日があります。そのぐらいの時期からは毎日の水撒きは欠かせません。気温が20度以下の春と秋は週に1回程度で大丈夫です。

芝刈りの頻度(5月から9月まで)

高麗芝の場合は月2回程度が理想です。一年の中で一番成長する時期は夏場の7月から9月ですがこの時期は毎週芝刈りをお勧めします。

肥料はいつ撒くの

芝生専用の化成肥料で粒状のものを使用頻度は2ヶ月に1回程度で十分です。肥料後には水まきをして下さい。冬場は肥料を蒔く必要はないので4月、6月、8月、10

月の年4回ぐらいで良いでしょう。

スパイク(穴あけ)作業

空気を送り込む作業や芝生の根を切る作業として年に最低一回(春)か二回(春と秋)に行います。通気性と透水性を確保して芝の成長を促します。

いかがでしょうか?シーズンに入ると、毎日の水撒き、週一の芝刈り、毎月の肥料、春と秋のスパイクと、冬を除き年中行事の様に沢山行う事がありますね。頑張りましょう^^)日当たりの悪い場所では育ちませんので、場所を選んで芝生を敷いて下さい

 

まめ知識一覧に戻る。